存在感のある平打ちリング 銀製 月の光リング

存在感のある平打ちリング 銀製 月の光リング

この物語は君の台詞からはじまる

「ひさしぶり」
 君が言った。

「やあ」
 僕が振り向き様に言った。

「変わらないね」 と僕。
「あなたも」 と君。

「でも、少し太った?」
「あら、レディーに対して失礼じゃない?」
「……」
 ふたりとも吹き出すようにして少し笑った。

時間が止まったような気がした。
あの頃のふたりに戻ったような、そんな感じがした。

今までの数年間は何かの間違いで、
微睡みの中で見た白昼夢だったんだ。

正しいと思っていたものは実は間違っていて、
間違いだと思っていたことが本当は正しかったんだ。
そんなふうに思えた。

君が隣にいることがあまりに自然で無理がなくて、
それが返って僕をそわそわと居心地悪くさせた。

他愛もない話をいくつかした後、
僕らはそのホテルの最上階にあるバーに場所を移すことにした。

「バー・スプートニク」
それがそのバーの名前だ。なかなかいい。

店内は落ちついた雰囲気で、
センスのいいソファーや家具がゆったりとした配置で置いてある。

間違っても宇宙船の模型があったり、
星型の照明があったりはしない。

それがある種の親切心みたいなものなのだろう。
望遠鏡くらいはあってもいいかもしれない。

僕らは街の夜景が見下ろせる席に座ると、ギネスをふたつ注文した。

「スプートニクって何だと思う?」
僕はギネスが来るまでの時間を埋める為にそんな質問を彼女に投げかけてみた。

「なに?」
彼女は特に興味はないけど、ギネスが来るまでの時間つぶしとして聞くわ。というような感じの返事をした。

「スプートニク計画は1950年代後半に旧ソ連によって
地球を回る軌道上に打ち上げられた、人類初の無人人工衛星の計画なんだ。

スプートニク(Спутник, Sputnik) という言葉は「旅の道連れ」(転じて衛星)という意味のロシア語から来ている」

「ふーん」

少し興味は沸いて来たけれど、
その先はどうなのかしら?という返事だ。

僕はカウンターの方を見てウェイターの動きを確かめてから、その続きを話し始めた。

「スプートニク1号の打上げが成功した1ヶ月後、
旧ソ連はスプートニク2号を打ち上げた。

スプートニク2号に課せられた任務は生物をはじめて宇宙へと連れ出すこと。
そしてこのとき人類に先がけて宇宙を旅することになった史上初の宇宙船クルーは1匹の犬だったんだ。

そうして選ばれたのはライカ犬の女の子。
彼女のなまえは“クドリャフカ”。

アメリカなど西側の国では“Muttnik”なんていうニックネームで呼ばれていたらしいけどね。
この犬はもともとは野良犬だったという噂もある。

さて、スプートニク2号の任務は無事成功した。

クドリャフカを乗せた2号は近地点高度206km,
遠地点高度1699kmの楕円を描いて地球周回軌道をまわり、
彼女は宇宙飛行を体験した初の地球上の動物となったわけなんだ。

日本ではクドリャフカのことを「宇宙犬」なんて呼んだりもしている。

そんなふうにクドリャフカの宇宙飛行は華々しい出来事ではあったけれど、同時に悲しい出来事でもあったんだ。

というのも、スプートニク2号が回収されることはなかったし、
もともと回収できるように設計されていなかったからなんだ。

人工衛星っていうのは地球の周回軌道をまわり続けているうちに、
だんだんと地球の重力に引き寄せられてついには地球に落ちることになる。

地球に落ちてくれば大気圏に再突入したときのものすごい摩擦で、あっという間に燃えつきてしまう。

それはクドリャフカを乗せたスプートニク2号だって同じだ。

だから、スプートニク2号に搭載されたクドリャフカの生命維持装置は
大気圏に再突入する前に切られてしまったんだろうと言われている」

「悲しい話ね…」

彼女は足下に広がる夜景を眺めながらそう言った。

ギネスの泡は細やかで滑らかだった。
僕は上唇に髭のように着いた泡を掌で拭うと、
足を組んで彼女の言葉を待ってみることにした。










「結婚するの」

彼女は僕の左の耳辺りを眺めながらそう言った。
彼女からはその先に何が見えるのだろう。

僕はそのことが気になって、「結婚するの」という言葉を危うく聞き逃すところだった。

「そっか……」
 男という生き物は肝心な時には気の利いた言葉が出て来ない生き物である。つくづくそう思う。

どのくらいの時間が流れたのだろう。
時間の感覚というものがはぎ取られて壁に飾ってあるように思えた。

僕はハーパーのロックをちびちびと飲みながら、
丸く削られた氷を指で回して天井の大きなプロペラのような扇風機を眺めていた。

「私、決めたんだ」
「うん」

「もう、何処へも戻らない」
「うん」
「……」

「幸せは何処かにあるものではなくその足下にあるものである 」
そんなような意味合いの言葉を何処かで見たことがあるように思う。

感情論で話したとすれば、お互いの気持ちは手に取るように感じ取れた。

君の本当の気持ちは正確には分からないにしても感じることができたし、僕の気持ちは形や色、温度までも表現出来るくらいしっかりとしたものとして、心臓のあたりに感じ取ることが出来た。

でも、それは、また別の問題なのだろう。
ライカ犬の気持ちと人間の思惑が入り交じるように、まったく方向性が違うことなのだろう。

結局、僕はその感情に繋がる大切な言葉をそっと心の何処かにしまって鍵を掛けることにした。

人工衛星のように地球の周回軌道をまわり続けているうちに、だんだんと地球の重力に引き寄せられてついには地球に落ち、ものすごい摩擦で、あっという間に燃えつきてしまうその時まで。

バーラウンジにはノラ・ジョーンズの歌声がしっとりと降りそそいでいた。

彼女の左手の人差し指についている
大きな指輪が存在感を表している。

僕は右手を上げて、最後の一杯に
ブッカーズをストレートで頼んだ。

僕は無性にドビュッシーの「月の光」が聞きたくなった。


ーーーーーーーーーーーー
存在感のある平打ちリング
銀製 月の光リング
ーーーーーーーーーーーー

銀は古くから聖なる月の金属とされてきました。

感情面のバランスを整える働きがあり
アクセサリーなどでほかの石と一緒にすると
その石の長所を引き出す効果があります。

悪霊や悪い気を退け月のパワーで守ってくれる力があるとされています。

ゆるやかな曲線が
月のように優しい光を演出してくれます。

満月のように存在感を感じるリングです。

シルバー950
厚み約1mm
太さ約1.2cm
鏡面磨き仕上げ(マット仕上げにもできます)

平打ちの太めのリングになります。
通常の指輪のサイズよりも
約2号くらい大きめのものをお求めください。

ーーーーーーーーーーーー
存在感のある平打ちリング
銀製 月の光リング
ーーーーーーーーーーーー

定価 58,990円



*******
【お願い】
注文の際、備考欄にてご希望の号数をお知らせください

小指の号数がわからない方には当店からリングゲージを簡素化した【バンド】をお送りできますので必要な場合は備考欄に【バンド希望】とお知らせください

指の周径(長さ)をご自身でひもで測って号数に当てはめたり、お持ちの指輪の直径を号数に当てはめると実際の号数を違うことが多くおすすめできません
長さをお知らせ頂いてもお作りできません

※完成後の指輪の手直しには【お直し料金】が発生いたします
【正確な号数】をお知らせください

指輪はデザインによって同じ号数でもつけ心地のサイズ感が変わるためお持ちの指輪の号数を見るのではなく
リングゲージ(金属製またはプラスチック製)を使ってサイズ確認してください

バンド希望の場合、バンドは指輪の購入者のみの特典です
ご入金確認後の発送となります

バンドは-10号から43号まで測れます
何度もお使い頂けます



※アレルギーの方はその金属が大丈夫なのかご自身でご判断ください。
アレルギーには個人差がありますので、心配な方は病院などでテストを行ってください。



********************


到着日時指定をご希望の場合はお知らせください。



ご注文確認後当店からご登録いただいたアドレスへご連絡致します(5日営業日以内)
必ずアドレスの確認やドメイン解除などをして頂き受信できるようにしてください。


ご連絡がとれないと注文がキャンセルとなる場合がございます。


ご注文やお問い合わせは順に確認しているためお返事に数日いただく場合がございます。


当店アドレスは
nhscafe.info@gmail.com




只今、ご入金確認とサイズ決定後から発送までおよそ2か月お待ち頂いております


【大切なお知らせ】


この商品は決済確定後の制作となりますので、
先に決済手続き(発送手続き)をさせて頂きます。

ベイスから商品発送の連絡が届きますが、実際の発送ではありません。

発送の際は当店アドレスからご連絡させて頂きます。

¥ 58,990

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 700円
    • 東北

      • 青森県 650円
      • 岩手県 650円
      • 宮城県 600円
      • 秋田県 650円
      • 山形県 600円
      • 福島県 600円
    • 関東

      • 茨城県 600円
      • 栃木県 600円
      • 群馬県 600円
      • 埼玉県 600円
      • 千葉県 600円
      • 東京都 600円
      • 神奈川県 600円
      • 山梨県 600円
    • 信越

      • 新潟県 600円
      • 長野県 600円
    • 北陸

      • 富山県 600円
      • 石川県 600円
      • 福井県 600円
    • 東海

      • 岐阜県 600円
      • 静岡県 600円
      • 愛知県 600円
      • 三重県 600円
    • 近畿

      • 滋賀県 650円
      • 京都府 650円
      • 大阪府 650円
      • 兵庫県 650円
      • 奈良県 650円
      • 和歌山県 650円
    • 中国

      • 鳥取県 650円
      • 島根県 650円
      • 岡山県 650円
      • 広島県 650円
      • 山口県 650円
    • 四国

      • 徳島県 700円
      • 香川県 700円
      • 愛媛県 700円
      • 高知県 700円
    • 九州

      • 福岡県 700円
      • 佐賀県 700円
      • 長崎県 700円
      • 熊本県 700円
      • 大分県 700円
      • 宮崎県 700円
      • 鹿児島県 700円
    • 沖縄

      • 沖縄県 750円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価